刑事事件の裁判での有罪率について考える

日本での刑事事件の裁判で有罪になる確率は99.9%

日本の有罪率、つまり刑事事件の裁判で有罪になる確率ですが、なんと99.9%です。これは他の先進国と比較して極めて高い数値です。裏を返せば検察に起訴されると、ほぼ100%無罪にならないという事です。
このデータをみると何か独裁政権下で行われる裁判のような印象を持つ人もいるかもしれませんが、さすがに日本はそのような事ではありません。ただ、良い面、悪い面があるのは確かです。

冤罪の防止のために、警察は検察は真剣に捜査、取り調べを行い有力な証拠をあげて起訴に持ち込む

まず良い面は、検察が余程の自信がなければ起訴しないという事です。日本の司法は推定無罪の原則を採用しており、裁判において検察官が被告人の有罪を証明できなければ無罪と推定されるというもので、疑わしきは罰せず、とも言われます。
この事から警察や検察は有力な証拠がなければ起訴していないと考えられます。これは、ミスなどにより起こる冤罪の防止になりますし、そうならないように警察は検察は真剣に捜査、取り調べを行い有力な証拠を挙げる事にも繋がります。

検察が起訴に対して慎重になりすぎ、犯罪者を見逃してしまう可能性も…

次に悪い面を考えると検察が起訴に対して慎重になりすぎて、本当の犯罪者を見逃してしまうかもしれないという事です。誤認逮捕や冤罪は勿論いけないのですが、警察や検察が自分達のメンツやプライドにこだわりすぎ、ミスを恐れて臆病になりすぎると、それだけ犯罪を見逃す可能性も高くなってしまいます。
ただ、メンツやプライドという事であれば論外ですが、これは難しい問題です。

積極的に逮捕、起訴であればミスをする可能性が高まり、消極的だと犯罪を見逃す確率が上がってしまします。問題を解決する為には法整備もそうですが、より一層の組織の改善や情報公開も必要です。過去の問題が明るみとなり、それを1つ1つ解決する事で現在の優秀な司法、警察が築き上げられています。